本文へスキップ

精神科・心療内科相談・カウンセリング・認知症予防 <English / Japanese>

TOYOTA Medical Center alt=

サイト運営:とよだクリニック

センター長 あいさつ

TOYOTA Medical Center センター長 豊田 早苗

略歴:国立大学医学部卒
   総合診療および精神科研修を終え、
   2005年 とよだクリニック開業


精神科・心療内科は、内科や外科と違い、血液検査など病気を
客観的に検査することができない診療科です。
客観的な検査方法がない精神科・心療内科において、
患者さんを診断する唯一の手段は、問診。
患者さんの訴えに、しっかりと耳を傾け、話を聞くことです。
患者さんの訴えに耳を傾け、患者さんの病気は何か?を判断し、
適切な治療を提供することを要求されるのが精神科、心療内科です。

ですが、現在の医療は、どうですか?
本来、患者さんの話を聞くことが重要であるはずなのに、
「5分診療」「薬漬け」と、テレビや雑誌で取り上げられるほど、
患者さんの訴えに耳を欠かさない、何か訴えれば薬を増やす、
個人情報を盾に家族からの相談には一切応じないといった医療が
現在の精神科医療では、横行しています。
このような医療では、患者さんの病気を適切に診断することもできませんし、適切な治療を行うこともできません。

医師は、「困っている人を助けるのが使命」
助けを求めてこられた方を、薬漬けにし、余計に苦しめてしまうような行為は、医師が行うべき行為ではありません。

心の病気は、身体的な病気と違い、薬だけで治すことはできません。
薬は必要最小限。
患者さんが問題を解決できるようサポートしていくことが重要。

一人でも多くの人が心の病気と向き合い、病気を治すことができるように
お手伝いができればと思っています。

1人よりも2人。
一人で悩まず、一緒に悩みませんか?





information店舗情報

TOYOTA International Medical Center

〒683-0832
鳥取県米子市立町1−49
TEL.0859-33-1712
(とよだクリニック)
FAX.0859-33-1712