【お医者さんが作った旅する脳トレ本】脳トレで旅する東海道

旅気分を味わえる体験型脳トレーニングで効果的に認知症を予防しよう!
「お医者さんがつくった 脳トレで旅する東海道」

広重の人気浮世絵「東海道53次」を案内役に
東海道53の宿場町の名物や今も残る伝説を
題材にした脳トレ問題で、旅気分を味わえると大人気!

そして、モクモクと問題に取り組むだけでない楽しさ満載の脳トレ本で効果的に脳トレーニングできます!

認知症予防

画像をクリックしていただきますと、実際の中身の一部を見ることが出来ます。
印刷やダウンロードも可能です。
実際に、取り組んで楽しさを実感してみてください。
*実際の書籍の大きさはA5判です 
販売価格:1296円(税込)出版社:自由国民社
A5判 フルカラー

 

*朝日新聞・産経新聞に掲載されました!

認知症予防脳トレーニング
<朝日新聞より>


認知症予防脳トレーニング<産経新聞より>


今やたくさんの脳トレ本が販売されていますが
どの脳トレ本も同じような内容だな?と感じたことはありませんか?
それも、そのはず。
今現在、販売されている脳トレ本のほとんどは、
パズル制作業者が中身の問題を作成し、
先生の名前を借りて出版しているだけだからです。
「著者や監修者は、有名な先生。中身はパズル制作業者が作成」
そんな脳トレ本の常識を打ち破るのが、自由国民社から出版される
「お医者さんがつくった 脳トレで旅する東海道」です。

<常識破り①>
「お医者さんがつくった 脳トレで旅する東海道」に
掲載の脳トレ問題は、すべて著者であるセンター長が考案作成。
記憶力や思い出し力、2つの事を同時にする脳力等
様々な脳機能アップが図れる問題を掲載した脳トレ本です。

<常識破り②>
「お医者さんがつくった 脳トレで旅する東海道」は、
あなた自身が旅の主人公になり、「宿場間しりとり」「宿場名物当てクイズ」「53の各宿場ご当地パズル」などの脳トレ問題を解きながら、江戸日本橋から京三条大橋までの東海道の旅を味わうことが出来る体験型脳トレ本です。

問題の難易度は、実際に東海道を旅する雰囲気を味わってもらおうと、
箱根峠や大井川などの難所では難しい問題にするなど、様々な難易度の問題を盛り込んだ山あり谷ありの難易度構成です。

全ての問題を解く必要はなく、
自分のペース、自分なりの方法で取り組むことができますので、
認知症と診断された方でも、物忘れが気になりだした方でも、
全く元気で健康な方でも、どなたでも楽しむことができる脳トレ本です。