中高年に大人気!脳を活性化させるご当地脳トレ問題にチャレンジ!

脳トレ本というと、計算ドリルとか漢字ドリルなど、勉強をイメージさせるものが多いですよね。

でも、ドリル形式の脳トレ本は、最初は頑張って取り組んでいても、途中で飽きて止めてしまっていませんか?

脳トレは、継続してこそ効果が出るものなので、途中で止めてしまうと、意味がないです。

毎日、脳トレ問題に取り組む人は、たまにしか取り組まない人よりも、脳年齢が10歳も若い!という研究報告もあります。

また、最新の研究によると、中年期に脳トレを始めた人は、65歳以降に脳トレを始めた人よりも、認知症予備軍である軽度認知障害(MCI)になる危険性が50%も低いそうです。

そこで、高齢者だけでなく、50代の中年期の方や30代40代の若い方も楽しめるクリニック制作の脳トレ問題を紹介いたします。

誰でも楽しく取り組めるのでデイサービスなどの高齢者施設でも大人気ですし、ご家庭での脳トレーニングにも最適です!

ぜひ、チャレンジして、ご当地脳トレ問題の楽しさを実感してみて下さい!


※紹介している問題は、最近、テレビで頻繁に放送されている脳年齢が分かる記憶力テスト等の監修をされているとよだクリニック院長が問題作成された「日本全国ご当地自慢脳トレブック」から抜粋したものです。

「日本全国ご当地自慢脳トレブック」は、他の脳トレ本と違い、1問1問、院長が効果を考えながら、手作り作成しており、軽度認知障害が改善したケースもあるなど、効果もバッチリです。

中高年に大人気!ご当地脳トレ➀:「ことばのクロスパズル」

北海道・東北地方を代表して、宮城県から1問出題です。

宮城県の名物「牛タン」や「笹かまぼこ」などリストにある名物をマスメに当てはめていくことばのパズルです。

*ことばのクロスパズル:
どこに、どの言葉を配置するとパズルが完成するのかを考えます。

前頭葉の「遂行力」「判断力」「思考力」を鍛えることができ、「アクセルとブレーキの踏み間違い等の不注意ミス」や「1つすると1つ忘れるといったタイプの物忘れ」を減らすことができます。

中高年に大人気!ご当地脳トレ➁:「穴あきしりとり」

関東地方を代表して、群馬県から1問出題です。

群馬県って、あまり知られていない?
そんな群馬県の知られざる特産品を「しりとり」にしてみました!

しりとりは、誰もがしたことがある遊びなので、取り組みやすい脳トレです。

*穴あきしりとり:
しりとりを完成させるために空欄に入れる言葉を考えます。

前頭葉の「ワーキングメモリ」「言語想起力」「言語中枢」を鍛えることができ、「言葉がとっさに出でこず、あれ・これ・それが多くなる」ことを減らすことができます。

中高年に大人気!ご当地脳トレ➂:「間違い探し」

中部地方を代表して、福井県から1問出題です。

福井県と言えば、恐竜
ということで、恐竜時代を思わせるイラストで、間違い探しです!

間違い探しは、何の知識も入らないので、誰もが楽しめて、おすすめです。

*間違い探し:
2枚のイラストを見比べて、違う部分を探します。

前頭葉の「注意力」「ワーキングメモリ」、頭頂葉の「色・形の認識」を鍛えることができ、「不注意ミス」や「駐車場で車を止めた場所が分からなくなる」「道を間違える、道に迷う」といったことを減らすことができます。

中高年に大人気!ご当地脳トレ➃:「計算問題」

関東地方を代表して、奈良県から1問出題です。

修学旅行の定番「東大寺」と「法隆寺」
大仏さんと聖徳太子さんの名物食べ比べ問題です!

ただの計算問題だと、飽きてしまうのですが、こんな問題にすると、どっちが勝つのか?・・・の勝ちだ!と計算することとは別の楽しみができます。

*計算問題:
前頭葉の「ワーキングメモリ」、側頭葉の「計算力」を鍛えることができ、「財布の中が小銭でいっぱい!」といった事を減らすことができます。

また、側頭葉は、聴覚の中枢ですので、側頭葉を鍛えることにより、聞き間違いを減らすことができます。

中高年に大人気!ご当地脳トレ➄:「なぞ解き」

中国・四国地方を代表して、高知県から1問出題です。

高知県を代表する河川「四万十川」
なぞ解き3問の答えを合わせると、ある言葉になるよ!

なぞ解きは、慣れていないと、ちょっと難しいです。
ですが、最近、テレビで放送されていて、人気があるため、ご当地脳トレブックでも簡単な謎解きをいくつか出題しています。

*なぞ解き:
前頭葉の「思考力」「推理力」「ひらめき力」を鍛えることができます。

中高年に大人気!ご当地脳トレ➅:「めいろ」

九州・沖縄地方を代表して、大分県から1問出題です。

全国屈指の温泉地、大分県別府市。
旅行で訪れたことのある方もおられることでしょうね。

別府温泉「地獄めぐり」を、迷路にしてみました!
鬼に出会わないように、すべての地獄を巡ってね。

間違い探し同様、知識が入らないので、誰もが楽しめて、おすすめです。

*めいろ:
スタートからゴールまでの道のりを考えます。
前頭葉の「遂行力」「判断力」「思考力」を鍛えることができ、「手際や手順が悪く、1つのことをするのに時間がかかる」といった手際の悪さ、段取りの悪さを減らすことができます。

中高年に大人気!ご当地脳トレ:「おまけ」

これは、「日本全国ご当地自慢脳トレブック」の裏表紙です。
ここに描かれているイラストは、本の中で登場している全国の名物、観光地の一部です。
それぞれ、どこの都道府県の名物・観光地か分かりますか?

 

どうでしたか?
面白い!楽しい!と感じて頂けたでしょうか?

普通の脳トレじゃないか!と思った方もおられるかも知れませんね。

確かに、問題だけ見ると、一見、普通、単純な脳トレ問題に見えるかもしれません。

ですが、故郷の懐かしい食べ物や旅行で訪れた観光地などが登場し、問題を解くだけで終わらない「楽しさ」、そして、認知症予防効果が実証されている「回想法」に自然に取り組むことができます。

※回想法とは
昔懐かしい事を思い出すことで、脳を刺激し、活性化を図る方法。
認知症のリハビリとしても、有効とされている。

また、難易度の違う問題をランダムに配置して脳が常に刺激されるよう工夫されていたり、「判断力」「注意力」「遂行力」「記憶力」「空間認識力」「言語想起力」など、様々な脳機能を鍛える問題を掲載し、前頭葉だけでなく脳全体を活性化できるようにするなど、認知症に精通した医師が問題作成した脳トレ本ならではの様々な工夫が施されていますので、認知症予防効果・脳の老化防止効果もバッチリです。

*脳は、同じ刺激の繰り返しでは、活性化されにくくなります。
そのため、本書では、上級・中級・初級とレベル別に問題を分けず、難易度の違う問題をバラバラにして出題していますし、同じ問題が羅列するドリル形式にもしていません。

郷里の懐かしい食べ物や旅行で訪れた思い出の地に出会いながら、効果的に脳を鍛える日本一周脳トレ旅に出かけてみませんか?

※どの都道府県でも、名物と観光の2問以上の問題が掲載されています。

◎ご当地脳トレ目次

クリックすると、各章、各都道府県で、どんな問題が出題されているかわかります。

北海道
1:特産品まちがい探し
2:郷土料理バラバラ文字並べ替え
3:観光名所しりとり

青森県
1:りんごの品種当て文字ひろい迷路
2:青森ねぶた祭まちがい探し

岩手県
1:義経と弁慶、わんこそばを多く食べたのは、どっち?
2:平泉中尊寺散策めいろ
3:郷土料理は何?重ね合わせ文字

秋田県
1:秋田名物を探せ!ことばのかくれんぼ
2:なまはげ間違い探し

山形県
1:さくらんぼ狩りめいろ
2:山形の特産品「将棋の駒」が多いのは、どっち?
3:山形花笠祭りの会場に隠れている数字は?

宮城県
1:ご当地グルメを当てはめろ!ことばのクロスパズル
2:仙台七夕まつり間違い探し

福島県
1:観光名所を探せ!ことばのかくれんぼ
2:福島の名産品「あかべこ」同じものは、いくつある?
3:郷土料理は何?重ね合わせ文字

茨木県
水戸市マスコットキャラクター「みとちゃん」登場!
1:黄門様と助さん角さん、食べたご当地グルメの代金の合計は?
2:偕楽園散策迷路

栃木県
1:特産品・名物は何?「バラバライラスト・写真・文字」
2:日光東照宮まちがい探し

群馬県
1:草津温泉源泉めぐり迷路
2:特産品しりとり
3:郷土料理は何?「重ね合わせ文字」

埼玉県
1:菓子屋横丁で駄菓子をお買い物
2:埼玉名物を探せ!ことばのかくれんぼ
3:時の鐘が示している時刻は?

千葉県
1:特産品を当てはめろ!ことばのクロスパズル
2:勝浦ひな祭り「ひな飾りでないものを探せ!」
3:郷土料理は何?「バラバラ文字並び替え」

神奈川県
1:名物しりとり
2:鎌倉大仏まちがい探し
3:写っている中華料理は?「バラバラ写真」

東京都
1:東京ぐるっと観光めいろ
2:江戸前寿司のネタは、何種類?
3:東京名物は何?「バラバラ文字並び替え」

新潟県
1:スキー場滑走計算めいろ
2:新潟名物を探せ!ことばのかくれんぼ

福井県
1:恐竜時代にタイムスリップ?間違い探し
2:観光名所はどこ?「バラバラ文字並び替え」
3:ご当地グルメ食べつくし迷路

石川県
1:九谷焼、おなじものはどれ?
2:兼六園ぐるっとしりとり

富山県
1:ますずしパズル
2:立山黒部アルペンルートめいろ

長野県
1:長野名物を探せ!ことばのかくれんぼ
2:2つの特産品は何?「バラバラ文字」
3:地獄谷サル温泉まちがい探し

山梨県
1:ぶどうに隠れている漢字は?
2:郷土料理は何?「重ね合わせ文字」
3:富士登山めいろ

静岡県
1:ご当地名物を当てはめろ!ことばのクロスパズル
2:メロンとうなぎの数数え
3:三保の松原まちがい探し

愛知県
1:特産品、観光名所は?「バラバライラスト、写真、文字」
2:名古屋めし食べ歩きめいろ

岐阜県
1:岐阜県まるごとしりとり
2:養老の滝伝説「かな文字ひろい」

滋賀県
彦根市マスコットキャラクター「ひこにゃん」「いいのすけ」登場!
1:ご当地グルメを探せ!ことばのかくれんぼ
2:信楽たぬき、同じものは、どれ?
3:彦根城散策めいろ

三重県
1:名物を当てはめろ!ことばのクロスパズル
2:郷土料理は何?「重ね合わせ文字」
3:三重県観光まちがい探し

和歌山県
1:熊野古道なぞ解きにチャレンジ!
2:特産品は何?「抜け文字」
3:橋杭岩すきま埋めパズル

奈良県
1:奈良公園まちがい探し
2:金魚数数え
3:聖徳太子と大仏様、食べた名物の代金の合計は?

京都府
1:京都名物を探せ!ことばのかくれんぼ
2:新選組に捕まるな!京都観光めいろ

大阪府
1:ご当地グルメしりとり
2:大阪観光まちがい探し
3:関西空港からシドニーへ、飛行時間は?

兵庫県
1:城崎温泉外湯巡りめいろ
2:「あかとんぼ」歌詞穴埋め
3:3つの特産品は何?「重ね合わせイラスト」
4:郷土料理は何?「バラバラ文字並び替え」

鳥取県
1:砂丘に埋まっている2つの特産品は?
2:写っている特産品は何?「バラバラ写真」
3:カニ三昧!仲間外れを探せ!

岡山県
1:後楽園まちがい探し
2:特産品は何?どれ?合わせてできる言葉は?
「バラバラ文字並び替え、写真選び」

香川県
1:讃岐うどんを当てはめろ!ことばのクロスパズル
2:扇の的、弓矢が当たると漢字が変化?「化け漢字」
3:金毘羅さん、飴パズル

徳島県
1:阿波踊り間違い探し
2:鳴門の渦潮、かずら橋、2大観光名所めいろ

高知県
1:高知名物を探せ!ことばのかくれんぼ
2:郷土料理は何?「重ね合わせ文字」
3:四万十川なぞ解きにチャレンジ!

愛媛県
1:ぼっちゃん「かな文字ひろい」
2:ミカンジュースが多いのは、どっち?
3:ご当地グルメを当てはめろ!ことばのクロスパズル

広島県
1:宮島厳島神社まちがい探し
2:広島名物グルメを食べつくせ!カキいかだ迷路

島根県
島根県マスコットキャラクター「しまねっこ」登場!
1:名物しりとり
2:郷土料理は何?「重ね合わせ文字」
3:宍道湖で捕れる魚介類は?「文字組み合わせ」

山口県
1:SLなぞ解きにチャレンジ!
2:とらふぐは何匹?
3:武蔵と小次郎、食べたご当地グルメの代金の合計は?

福岡県
1:福岡名物を探せ!ことばのかくれんぼ
2:柳川名物は何?「バラバラ文字並び替え」
3:北原白秋「あめふり」歌詞穴埋め

佐賀県
1:有田焼パズル
2:バルーンフェスタ間違い探し

長崎県
1:特産品順番めいろ
2:長崎県の名物、観光地を当てろ!
「バラバラ文字、関連イラスト選び」

熊本県
1:熊本名物を探せ!ことばのかくれんぼ
2:れんこんに隠れている文字は?
3:阿蘇山なぞ解きにチャレンジ!

大分県
1:別府地獄めぐり迷路
2:出来上がる大分名物は?「合わせ札」

宮崎県
1:観光地しりとり
2:3つの特産品は何?「重ね合わせイラスト」
3:名物グルメは何?「バラバラ文字並び替え」
4:マンゴーとキンカン、多いのは、どっち?

鹿児島県
1:桜島・西郷どん間違い探し
2:鹿児島名物は?「バラバラ文字並び替え」
3:指宿砂風呂に隠れている特産品は?

沖縄県
1:沖縄満喫めいろ
2:美ら海まちがい探し

 

日本全国ご当地自慢脳トレブックは、共同通信社でも取り上げられました。

 

読者の方の声
・88歳になった母に、いつまでも元気でいてほしいと思い、
 脳トレ本をプレゼントしました。
 全国の名物グルメをみては、「これ食べてみたいね」言い、
 行ったことの観光地が出ると「あ!ここ昔、お父さんと行ったね」などと
 会話しながら、一緒に、脳トレ問題を解いています。
 母のお気に入りは、リストにある名物グルメを探す「ことばのかくれんぼ」です。
 楽しそうに解いている母を見ていると、こちらも嬉しくなります。
 素敵な本をありがとうございました。

認知症予防は、45歳から!

中高年に大人気の脳トレ問題を紹介しました。

が、実は、日本全国ご当地自慢脳トレブックに掲載されている問題は、高齢者だけが楽しめる脳トレクイズではありません。

40代、50代の方でも、十分楽しめます。

何故か?

例えば、間違い探しなら、3つまでは、簡単に見つかるけど、あと2つが・・・、という作りになっています。

つまり、簡単そうに見えて、なかなか一筋縄ではいかない問題が混ぜてあるからです。

さらには、頭が固くなってしまっている人は、苦戦してしまう仕掛けまで施されています。

20歳を過ぎれば、毎日10万個ずつ脳細胞が減っていきます。

30歳を過ぎれば、脳のゴミと呼ばれるアミロイドβも溜まり始めます。

さらには、厚生労働省の調べによると65歳以上の3人に1人は、認知症もしくは認知症予備軍です。

認知症は、発症する20年前から、脳細胞の破壊が始まります。

脳の老化も、認知症も知らないうちに始まっているのです。

気がついたら、認知症だった!

なんてことにならないために、45歳を過ぎたら、日頃から脳全体を鍛える脳トレーニングに取り組みましょう!

そして、認知症を予防しましょう!

最初のコメントをしよう

必須