とよだクリニック(心療内科・総合診療科・認知症予防)

とよだクリニックでは、通常の外来診療の他、メールなどを利用したインターネット相談およびカウンセリングを行っています。

また、併設する認知症予防センターでは、脳の老化防止、認知症予防のための脳トレパズルや脳トレ本の開発・制作を行っています。

とよだクリニック総合案内

お知らせ

【脳トレ+快楽感情で海馬の細胞が増える!】

認知症予防のため、脳の老化防止のために、脳活性化トレーニングいわゆる脳トレに励んでいる方は、多いと思います。

ですが、皆さん、脳トレ問題を解くだけで満足していませんか?

ただ脳トレ問題を解くだけでなく、「ワクワクする!スッキリした!」などの快楽感情が加わると、海馬(記憶力の中枢)と呼ばれる部位の細胞が増えます!

普通、脳の細胞は、産まれたばかりの赤ちゃんも、大人も同じ数です。

20歳以降、歳をとるにつれて脳細胞は減りますが、どんな脳トレをしても脳活性化トレーニングだけでは、脳細胞が増えることはありません。

ですが、たった1つだけ、脳細胞を増やす方法があります。
それが、快楽感情を加わえた脳活性化トレーニングを行う事です。

皆さんが、よく知る前頭葉も、細胞は増えませんが、脳トレ+快楽感情で、脳細胞同士をつなぐ情報回路が増え、脳の働きが良くなります!

せっかく、脳トレに取り組むなら、効率的に、
ワクワク、スッキリするといった感情が自然に沸き出す脳トレをしましょう!

ちなみに、院長が作った「日本全国ご当地自慢脳トレブック」は、ワクワク、スッキリ!が沸き起こる脳トレ本です。

クリニック制作の脳トレ本

 

【学童期にスマホを使うと脳の発達が止まる!】

今や、子供からお年寄りまで持っていない人が珍しい「スマホ」
ですが、子供達に及ぼすスマホの悪影響は、依存やイジメだけではありません。

なんと!スマホを1日1時間以上使うと、脳の発達が止まってしまうのです。

発達途中の子供の脳に悪影響を及ぼすスマホですが、なかなか取り上げるわけにはいかないのも事実。

そこで、脳の発達を促すパズルを作りました。
スマホによって発達が止まってしまった脳を刺激し、再び、発達するように促します。

「立体ZOOパズル」

 

【中年期から脳トレに取り組むと認知症発症リスクが下がる!】

「認知症予防は45歳から」「前頭葉だけを鍛えてもダメ」と常々、話してきましたが、先日、この理論が正しい事が証明されました。

アメリカの認知症予防最新研究によると、
50代で脳トレを始めた方は、65歳以降に始めた方よりも、認知症予備軍である軽度認知障害(MCI)を発症するリスクが50%も低くかったそうです。

また、脳のあらゆる部位を刺激する、つまり、色々な脳トレに取り組み、脳を広範囲に活性化させる方が、認知症予防効果が高いことも証明されました。

どんな事をどんな効果があるのか?
脳活性化トレーニングの具体的な効果については、
「中高年に大人気!ご当地脳トレ問題にチャレンジ」で、説明しています。

また、脳トレ本よりパズルが好き!という方は、
院長が制作した脳を広範囲に活性化させる「立体かたち合わせパズル」があります。

脳トレ効果について

 

木製つみきパズル

 

【1日5分!あがり症克服トレーニング】

院長執筆の医療本「1日たったの5分でO.K.あがり症克服トレーニング」(電子書籍)【540円】がアマゾンで発売になりました。

合わせて読みたい!

 

【脳トレ問題に毎日取り組むと、脳が10歳若返る!】

先日、50歳以上の男女1万人を調査した脳トレ効果を実証する研究の報告が発表されました。(イギリス)

その調査報告によると、
毎日、脳トレ問題に取り組んでいる人は、たまに脳トレ問題に取り組む人に比べて、脳年齢が10歳も若かったそうです。

さらには、年齢とともに衰える「記憶力」「判断力」「注意力」「遂行力」が衰えにくいそうです。

合わせて読みたい!

 

どんな問題に取り組むと、脳が10歳若返るのか?
年齢とともに衰える「記憶力」「判断力」「注意力」「遂行力」などを鍛える脳トレ問題を見てみましょう!

脳トレ問題にチャレンジ!

 

【木の立体つみきパズルを開発・販売!】
認知症予防・脳梗塞のリハビリに使える脳トレパズル「立体かたち合わせパズル」と
ADHDの前頭葉トレーニングに使える知育パズル「立体ZOOパズル」を開発し、販売しています。
詳細は、それぞれのページをご覧ください。

「立体かたち合わせパズル」

 

「立体ZOOパズル」

 
【中央労働災害防止協会の季刊誌に掲載!】
中央労働災害防止協会からの依頼を受け、院長が脳トレによる認知症予防効果についてコラム記事と脳トレ問題を執筆いたしました。

季刊誌「オアシス」は、一般販売もされています。
詳細は、中央労働災害防止協会のホームページをご覧ください。

※会員誌、季刊誌などに掲載の脳トレ問題の制作を依頼したい方は、とよだクリニックまで御連絡下さい。
(お電話:0859-33-1712 平日(水曜日以外)9時~10時が繋がりやすいです)

脳トレ効果について知りたい!

 

クリニック制作の脳トレ本

 

院長制作の脳トレ問題を解いてみたい!

 

【健康ブログページ開設!】
インターネットの普及で健康情報を簡単に手にいれることが出来るようになりました。
が、インターネット上の情報には間違った情報も多数あります。
そこで、とよだクリニックでは、正しい健康情報を発信するために健康ブログを始めました。
ケガ、病気、体に良い食べ物等々、様々な健康記事を読むことができます。
健康的な生活を営むために、病気を少しでも良くするために御活用頂ければと思います。

 icon-chevron-circle-right 認知症予防法や症状に関する記事

 icon-chevron-circle-right 熱中症対策や睡眠改善方法など健康増進に関する記事

 icon-chevron-circle-right 食事・栄養に関する記事

 icon-chevron-circle-right ケガ・腰痛など整形外科関連の記事

 icon-chevron-circle-right 皮膚炎や水虫など皮膚の病気に関する記事

院長制作の認知症予防のための脳トレ本とパズル

とよだクリニック院長が開発・制作した脳の老化防止、認知症予防に効果的な脳トレパズル、脳トレ本が全国書店にてお求めいただけます。

1:「脳進化かたち合わせパズル」 主婦の友社 販売終了
2:「脳トレで旅する東海道」   自由国民社
3:「脳トレで旅する中山道」   自由国民社
最新作:「日本全国ご当地自慢脳トレブック」 H30年11月15日発売

どれも、認知症の予防、脳の老化防止に使用できますし、
うつによる、物忘れや記憶力の低下などの思考力の低下を自覚している人の思考力回復脳トレーニングとしても利用できます。

クリニック制作の脳トレ本

 

クリニック制作の脳トレパズル

 

脳トレ効果について

 
「日本全国ご当地自慢脳トレブック」が共同通信社、BIGLOBEニュースなどで取り上げられました!

とよだクリニックへの受診を希望される方へ

とよだクリニックは、完全予約制です。
受診するには、事前に、お電話による予約が必要です。
(予約受付は、平日午前9時から10時まで)

詳しくは、「外来診療案内」をご覧下さい。

インターネット相談

とよだクリニックでは、メール等によるインターネット相談を行っています。
病気のこと、薬のこと、セカンドオピニオン等、不安や疑問に思っていることを院長に相談することができます。

詳しい内容については「インターネット相談」をご覧ください。

個人情報保護に関する取扱い

とよだクリニックでは、御相談いただいた内容は、診療所での診療記録と同様に扱い、相談対応以外の目的で利用することは