記憶力と判断力で脳年齢が分かる!認知機能測定による脳年齢判定テスト

年を取ると、体力が低下し疲れやすくなってきますよね。

脳も同じです。

20歳を過ぎると、毎日10万個づつ脳細胞が減っていきます。

30歳を過ぎる頃には、脳のゴミであるβアミロイドや老人斑が溜まり始め、脳の老化がいよいよ本格化してきます。

結果、年を取るにつれて、脳の働きが鈍くなり、記憶力や判断力、注意力などが低下してきます。

一体、自分の脳は何歳ぐらいなのか?
脳年齢を測定するすることのできる2つのテスト用意しました。

ぜひチャレンジして、自分の脳年齢を測定してみてください。

脳年齢判定テスト➀:色読みテスト(前頭葉機能テスト)

色読みテストとは、注意力や判断力を担当している前頭葉の働きを調べるテストの1つです。
最近は、テレビでも取り上げられていることが多いので、知っている方も多いのではないでしょうか?

テストの受け方
・漢字の読みに惑わされずに、文字の「色」を読みます。
・すべてを間違えることなく、答え終わるまでの時間を測定します。

準備するもの
・かかった時間を測定できるもの
(キッチンタイマー、スマホのストップウオッチ機能など)

では、まずは、練習問題です。

文字ではなく、文字の色を声に出して読んでください。

どうでしたか?
「みどり きいろ あか あお きいろ」と間違えずに読むことができましたか?

それでは、本番です。

本番では、50個の文字を読みます。
本番でも、練習と同じく、文字ではなくて、文字の色を読みます。
間違えたら、読み直してから、次の文字に進みます。
すべての文字を読み終わるまでの時間を測定してください。

準備ができたら、本番スタートです。

お疲れさまでした。
全ての文字を読み終わるまでに、かかった時間は、何分何秒でしたか?

かかった時間で、今の脳年齢が分かりますよ!

色読みテストから分かる脳年齢判定
27秒未満→→20代
27~30秒→30代
31~36秒→40代
37~44秒→50代
45~54秒→60代
55~66秒→70代
67秒以上→→80代

脳年齢判定テスト➁:記憶力測定テスト

年を取るにつれて、だんだん物忘れを自覚するようになってきますよね。

これは、記憶力とくに記憶したことを思い出す「記憶の想起力」が低下しているためです。

記憶力測定テストは、記憶の想起力を測定して、脳年齢を判定するテストです。

テストの受け方
・15個の単語が順に表示されます。
・表示された単語をできるだけ多く覚えてください。
・覚えることができた単語の数で脳年齢を判定します。

準備するもの
・紙とペン
(テスト終了後に覚えている単語を紙に書いてもらうためです)

お疲れ様でした。
さあ、覚えている単語をすべて紙に書いてください。

いくつ覚えていますか?

↑「>」をクリックしていくと、答え・脳年齢判定が表示されます。

まとめ

どうでしたか?年齢相当の結果でしたか?

良い結果が出たからと、油断していると、脳が衰えてきます。

結果が悪かった人は、落ち込まなくても大丈夫です!
脳トレーニングすることで、脳の働きを高め活性化することができますよ。

記憶力、判断力、集中力、注意力、2つ3つの事を同時に行う同時遂行力は、特に、年齢とともに衰えてくる脳機能です。

さあ、次は、これらの脳機能を鍛える脳トレ問題にチャレンジしてみましょう!

脳トレ問題を解くことで、衰えた脳機能を回復させることができますし、衰えを防ぐことができます。

「中高年に大人気!ご当地脳トレ問題にチャレンジ」

脳トレ問題を解く

 

合わせて読みたい!

最初のコメントをしよう

必須