【脳年齢判定テスト】記憶力テストと色読みテストで脳年齢をダブルチェック!

年を取ると、体力が低下し疲れやすくなってきますよね。

脳も同じです。

20歳を過ぎると、毎日10万個づつ脳細胞が減っていきます。

30歳を過ぎる頃には、脳のゴミであるβアミロイドや老人斑が溜まり始め、脳の老化がいよいよ本格化してきます。

結果、年を取るにつれて、脳の働きが鈍くなり、記憶力や判断力、注意力などが低下してきます。

一体、自分の脳は何歳ぐらいなのか?
脳年齢を測定するすることのできる2つのテスト用意しました。

ぜひチャレンジして、自分の脳年齢を測定してみてください。

※ハナタカ優越館(テレビ朝日、毎週木曜日午後7時から放送中)にて、当サイト掲載の記憶力テストが取り上げられました。

テレビで、すでに記憶力テストにチャレンジされた方は、別問題が表示される記憶力テスト2にチャレンジ下さい。


※テレビ番組等で脳年齢テストを使用したい場合は、toiawase@toyoda-clinic.infoまで、御連絡下さい。折り返し、お電話いたします。
(電話で問い合わせされても良いですが、診療用と同一回線のため、なかなかつながりにくいです。)

なお、本ページで掲載しておりますテストを他局と同じにならないように、テスト自体の精度は落とさず、問題を変えることも可能です。
実際に、TBS系列で放送中の「名医のTHE太鼓判」には、表示する単語を全て変更した記憶力テストを提供しております。

脳年齢判定テスト➀:色読みテスト(前頭葉機能テスト)

色読みテストとは、注意力や判断力を担当している前頭葉の働きを調べるテストの1つです。
最近は、テレビでも取り上げられていることが多いので、知っている方も多いのではないでしょうか?

テストの受け方
・漢字の読みに惑わされずに、文字の「色」を読みます。
・すべてを間違えることなく、答え終わるまでの時間を測定します。

準備するもの
・かかった時間を測定できるもの
(キッチンタイマー、スマホのストップウオッチ機能など)

では、まずは、練習問題です。

文字ではなく、文字の色を声に出して読んでください。

どうでしたか?
「みどり きいろ あか あお きいろ」と間違えずに読むことができましたか?

それでは、本番です。

本番では、50個の文字を読みます。
本番でも、練習と同じく、文字ではなくて、文字の色を読みます。
間違えたら、読み直してから、次の文字に進みます。
すべての文字を読み終わるまでの時間を測定してください。

準備ができたら、本番スタートです。

お疲れさまでした。
全ての文字を読み終わるまでに、かかった時間は、何分何秒でしたか?

かかった時間で、今の脳年齢が分かりますよ!

色読みテストから分かる脳年齢判定
27秒未満→→20代
27~30秒→30代
31~36秒→40代
37~44秒→50代
45~54秒→60代
55~66秒→70代
67秒以上→→80代

 

前頭葉の働きが悪くなると、「ブレーキとアクセルの踏み間違い等の不注意ミス」や「言葉が出にくなり、あれ・これ・それが多くなる」といった事が起こってきます。

最新の認知症予防研究によれば、中年期からの脳トレーニングが認知症予備軍である軽度認知障害の発症を防ぎ、認知症を予防することにつながるとしています。

日頃から、前頭葉を鍛え、機能が低下しないように心がけましょう!

 

合わせて読みたい!

 

脳年齢判定テスト➁:記憶力測定テスト

年を取るにつれて、だんだん物忘れを自覚するようになってきますよね。

これは、記憶力とくに記憶したことを思い出す「記憶の想起力」が低下してくるためです。

記憶力測定テストは、記憶の想起力を測定して、脳年齢を判定するテストです。

テストの受け方
・15個の単語が順に表示されます。
・表示された単語をできるだけ多く覚えてください。
・覚えることができた単語の数で脳年齢を判定します。

(注)
漢字で書かれた単語は、漢字で、
ひらがなで書かれた単語は、ひらがなで、
カタカナで書かれた単語は、カタカナで、
覚えて下さい。

準備するもの
・紙とペン
(テスト終了後に覚えている単語を紙に書いてもらうためです)

お疲れ様でした。
さあ、覚えている単語をすべて紙に書いてください。

いくつ覚えていますか?

(注)
漢字で書かれた単語は、漢字で、
ひらがなで書かれた単語は、ひらがなで、
カタカナで書かれた単語は、カタカナで、
書いて下さいね。

↑「>」をクリックしていくと、答え・脳年齢判定が表示されます。

 

記憶力、とくに、記憶の想起力(一度覚えたことを思い出すこと)が低下すると、「あれ?何だったかな?」とか「1つのことをすると、1つ忘れる」といった物忘れが多くなってきます。

記憶力は、インプット(覚えること)とアウトプット(思い出すこと)に分けられ、インプットは、海馬が主に担当し、アウトプットは、前頭葉と側頭葉が主に担当しています。

最新の認知症予防研究によれば、脳の様々な部位を鍛える方が認知症予防効果が高いそうです。

日頃から、前頭葉は勿論、海馬や側頭葉、頭頂葉といった脳全体を鍛えるように心がけましょう!

 

合わせて読みたい!

記憶力テスト その2

同じテストを何度も行うと、単語が記憶されやすくなり、正しい結果が出ません。
そこで、定期的に、もしくは、もう一度、記憶力テストにチャレンジする方のために、
表示される単語を変えたテストを用意いたしました。

テストの受け方は、同じです。
表示される15個の単語をできるだけ多く覚えます。

 

さあ、いくつ覚えることができたか?
答え合わせをしてみましょう!

↑「>」をクリックしていくと、答え・脳年齢判定が表示されます。

中年期からの脳トレーニングが認知症予防に効果!

記憶力と前頭葉機能、2つの脳機能をチェックした結果は、いかがでしたか?

実年齢以上の結果で、落ち込んでいる方もおられるかも知れませんね。

でも、大丈夫!
落ち込む必要はありません。

脳は、適切な刺激を与えれば、活性化し、衰えた脳機能を回復させることができます。

最新の認知症予防研究によれば、50代の中年期から脳トレーニングを始めた人は、65歳以降に始めた人よりも、認知症予備軍である軽度認知障害になる危険性が50%も低いことが分かっています。

今や65歳以上の3人に1人は、認知症もしくは認知症予備軍です。
そして、2025年には、さらに状況は深刻化し、2人に1人は、認知症もしくは認知症予備軍になることが予測されています。

認知症とは無縁と思える若い年代からの脳トレーニングが、将来、認知症になることを防ぎます。

パズル制作会社が機械的に作った問題に医師の名前を著者や監修者として付けただけの脳トレ本ではなく、医師自らが問題を作り、高齢者だけでなく、50代の中年期や30代40代の若い方にも大人気の脳トレ本で、脳トレーニングに励んでみませんか?

「日本全国ご当地自慢脳トレブック」は、最近、テレビで頻繁に放送されている脳年齢が分かる記憶力テスト等を監修しているとよだクリック院長が効果を考えながら1問1問、手作り作成した脳トレ問題で、ただ脳トレ問題を解くだけでなく、日本1周旅行が味わえる旅をバーチャル体験する脳トレ本です。

毎日飽きずに楽しく取り組めて、「記憶力」「判断力」「注意力」「遂行力」など老化によって衰える脳機能を鍛える問題がそろっていますよ。

また、認知症予防やリハビリに効果のある回想法にも自然に取り組めてしまう優れものです。

「日本全国ご当地自慢脳トレブック」って、どんな本?掲載されている問題を解くと、どんな効果があるの?など詳しくは、【中高年に大人気!ご当地脳トレ問題にチャレンジ】を御覧ください。

 

問題をみる

 
「日本全国ご当地自慢脳トレブック」は、共同通信社でも紹介されました。

まとめ

脳トレーニングをしている人ほど、脳機能の衰えは緩やかですし、若い年代から脳トレーニングを始めた人ほど、認知症になりにくいです。

脳年齢テストの結果が良かった人も、悪かった人も、脳全体を活性化させる脳トレーニングに励みましょう!

「日本全国ご当地自慢脳トレブック」は、共同通信社でも紹介されました。

最初のコメントをしよう

必須