本文へスキップ

脳の老化防止・認知症予防のための脳トレーニングパズルや脳トレ本を開発・制作しています。

脳の老化を抑えて認知症を予防しよう!

   認知症予防

脳の老化を防いで認知症予防!

今まで、当センターが開発・考案し、認知症予防、認知症のリハビリとして使用していた「図形ブロックパズル」や「頭の体操テキスト」などの脳トレーニングパズルやテキストを、より多くの方に利用して頂きたいと思い、より充実したした内容、効果が自覚できる内容に、さらには、より効果的に脳トレーニングできるように、楽しみながら問題に取り組めるように内容構成を改変し、大手出版社から全国出版いたしました。

脳トレーニングは、
コツコツ問題に取り組むよりも、楽しみながら問題に取り組むほうが効果的です。
⇒その理由は・・・(現在準備中)
そして、脳トレーニングは認知症予防だけでなく、うつのよる思考力低下にも効果的です。


日本全国ご当地自慢脳トレブック H30.11.15発売 最新書籍
認知症予防

詳細ページへ
脳の老化防止・認知症予防には、海馬の近くにある扁桃体と呼ばれる部分をプラスに刺激する必要があることが最近分かってきました。
「ご当地脳トレブック」は、扁桃体を刺激する要素を盛り込み、脳の老化により減ってしまった脳細胞同士のネットワークを増やし、脳機能の回復、脳の若返りを図るように作成された脳トレ本です。
「食べたくなる・行きたくなる・懐かしくなる」をテーマに、全国47都道府県の名物や観光地が間違い探しや迷路などの脳トレ問題となって登場しています。自分の出身地は、何が、どんな問題となって登場しているのか気になる1冊です。

脳トレで旅する東海道
認知症予防

詳細ページへ
旅する脳トレ本の第1作目。
江戸日本橋を出発して東海道を西へ。京都三条大橋を目指す脳トレ旅に出かけます。
東海道53の宿場町を「しりとり」でつなぎ、各宿場町では、東海道中膝栗毛に登場する弥次さん喜多さんのように宿場の名物に触れながら、問題を解いていきます。自宅に居ながら旅気分を味わうことができる楽しい脳トレ本です。


脳トレで旅する中山道
認知症予防

詳細ページへ
「脳トレで旅する東海道」の続編。
旅の案内人「とよさん」「しげさん」が登場し、2人の会話が脳トレ旅にリアリティーを与えます。前作「脳トレで旅する東海道」より問題の種類を増やし、難易度の高い問題も入れ、日ごろから脳トレ本に取り組んでおられる方でも楽しめる内容になっています。山道が続く難所を乗り越え、江戸日本橋への脳トレ中山道の旅を是非お楽しみください。

脳進化かたち合わせパズル
認知症予防 販売終了いたしました。


脳トレ本の出版をお考えの出版社様
会報誌や小冊子に脳トレ問題を掲載したい雑誌編集者様


センター長が執筆された3冊の脳トレ本は、どれも問題作成はセンター長自身が行われたものです。
(一般的に、脳トレ本の多くは、著者と記載があっても問題はパズル制作会社が作成したもので著者の先生方は基本的に名前貸しだけです)
これから脳トレ本を出版したいと考えておられる出版社の方で、もし、センター長作成の問題で脳トレ本を作りたいと思われましたら、お電話もしくはメールにて御連絡ください。
書籍を出版される場合、印税支払いのみで、問題制作費はいりません。

会報誌や小冊子に脳トレ問題を1問もしくは数問掲載される場合は、
貴社様の予算都合に出来る限り合わせますので、お気軽にお問い合わせください。

*電話は、診療所と兼用のため、繋がりにくいことが多いです。
 午前中の10時までもしくは午後がつながりやすいです。

information店舗情報

とよだクリニック
認知症予防・リハビリセンター

〒683-0832
鳥取県米子市立町1−49−7
TEL.0859-33-1712
FAX.0859-33-1712
e-mail:toiawase@toyoda-clinic.info


*お電話での問い合わせは
 平日 9:00〜10:30まで